無料
エロ
動画

エッチな体験談で抜いてください

母に奪われた童貞

2013/07/19(Fri) 04:51



18歳の男です。お母さんに童貞を奪われました。

この前かぜを引いて家で寝込んでいたんですが、
3日目の夕方にもう大丈夫かなと思ったんですがそのままベッドで寝ていました。
そのうちお母さんが仕事から帰ってきました。

「雄ちゃん具合どう?」と聞いてきたので
「もう大丈夫そう」と答えました。
「でも今日はそのまま寝てなさいね」と言ってくれたのでそのまま寝てました。

30分位してから、ドアのノックがして、お母さんが入って来たのですが、
白衣姿でした(お母さんは看護婦してます)。
ちょっとびっくりしましたが、うちのお母さんは少し童顔なんですが(酒井法子似です)
白衣姿のお母さんもっと若く見えてすごく可愛く見えてドキっとしました。

「どうしたのそんな格好して?」と聞くと
「雄ちゃんが治るように今日は看病してあげようと思ってね。
お父さんも出張中でいないし。
雄ちゃん、お母さんの仕事の姿見たことなかったでしょ?」
との事でした。

「顔色も良くなったみたいね」
って言っておでこを僕のおでこに当ててきました。
すっごいどきどきしました。

「汗かいてるでしょ?着替えなきゃね。」
というので上半身を起こして
「じゃあ着替えるからちょっと出てって」
って言うと、
「雄ちゃんは病人なんだから。今日はお母さんが看病してあげるから」
って僕のパジャマのボタンを外し始めたんです。

「いいよ恥ずかしいから。一人で着替えるよ」
って言ったんですが
「大丈夫よ、親子なんだから恥ずかしい事ないでしょ?
それにお母さん看護のプロなんだよ?」
って言ってそのままパジャマのボタンを外され上半身裸にされました。

「汗だいぶかいてるね」
と濡れタオルで僕の体を拭き始めました。
たまにお母さんの指がぼくの乳首に当たって体が軽くビクっとなってしまうと
「どうしたの?ああ、ここに指が触っちゃったのね」
って乳首をさ指でなでてきました。

「ちょっとお母さん・・・」
と弱々しい声で言うと
「雄ちゃん敏感なのね、可愛い。
三日もお風呂に入れなかったんだからお母さんがきれいにしてあげるね」
と今度は僕の乳首を舐めてきたんです。
気持ちよくて思わずアっと声が出ちゃいました。

「雄ちゃん可愛い」って今度はキスをしてきました。
お母さんの口は柔らかくて温かくてすごく気持ちよくて・・・
だんだんお母さんの舌が僕の口の中に入ってきて、
その間もずっと乳首を指でいじられて・・体の力が完全に抜けました。

5分位クチュクチュ音を立ててキスされ、するとこんどは僕の下半身に手が伸びてきて
「元気になってるね?おさまりつかないでしょ?」
とパジャマのズボンとパンツを下ろされました。

「雄ちゃんのここお父さんのより全然大きいよ。
ほら先っぽから透明の液がこんなに出てる。お母さんがきれいにしてあげる」
と言ってなんとお母さんは僕のアソコを口で舐めてきたんです。
頭が変になりそうでした。
下半身を見るとお母さんが舌を駆使してクチュクチュ音を立てながら僕のアソコ舐めまわしています。
こんなお母さんの顔みるの初めてで異様に興奮しました。

で、お母さんの口の中へ発射してしまうと、お母さんはそれを飲んでしまって
「雄ちゃんのすごくおいしい」
って言いました。
お母さんは「まだ小さくならないね。若い証拠ね。お父さんには絶対言っちゃだめだよ」
と僕の上に乗ってとうとう僕の童貞を奪われてしまいました。

初めての感覚に意識がもうろうとしました。
自分のお母さんが白衣姿で僕の上でよがり声を出しながら腰を振っています。
あっというまに出そうになって
「お母さん、出ちゃう」
と言うと
「今日は大丈夫だから雄ちゃん出して、お母さんにいっぱいちょうだい」
と激しく腰を振られながらお母さんの中へ発射してしまいました。
最高に気持ちよかったです。


    

Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered By DTIブログ
close